トップ・ミュージック・ジャパン - Top Music Japan - 世界中のアーティスト/バンド紹介と支援する音楽ガイド 世界一周のMUSIC旅
  ホーム » ロック / ポップ » Marco Lippini  
X
NAVI プロフィール 音楽・試聴 写真集 ビデオ リンク等 ショップ・音楽配信 連絡 ENGLISH
Marco Lippini Marco Lippini
マルコ・リッピーニ

イタリア

オルタナティブ ロック / ポップ ポストパンク

チェック


English
戻る

プロフィール・バイオグラフィー 表示・隠す

Marco Lippini(マルコ・リッピーニ)は、ギタースクールを2年間で卒業した18歳の時から音楽キャリアを始めた。

まずエレクトロニックの二人組Arsella Boyz(アルセラ・ボーイズ)とコラボレーション。Dino Storai(ディーノ・ストライ)がシングル「Robert」(ロバート)を作曲。

その後、カバーバンドThe Strokes Nyc Cops(ザ・ストロークス・ニューヨークシティー・コップス)のシンガーとしてイタリア中部で活躍。

4年後、Luca Landi(ルーカ・ランディ。バンドGo!zillaのメンバー)、Lorenzo Cantini(ロレンゾ・カンティーニ)と一緒にバンドSave the Polar Bears(セーブ・ザ・ポーラー・ベアーズ)を結成。ミニアルバム2枚をリリース。イタリアとヨーロッパでライブをいくつか行った。

Save the Polar Bears(セーブ・ザ・ポーラー・ベアーズ)を解散して、Lorenzo Cantini(ロレンゾ・カンティーニ)、Andrea Valgiusti(アンドレア・ヴァルギウスティ)と一緒にグループFast Lights(ファスト・ライツ)を結成。ライブはせずに、スタジオでのミニアルバム制作に集中。

2017年4月、マルコはスタジオ入り。Dino Storai(ディーノ・ストライ)がプロデューサーとなり、デビューソロミニアルバム「Acceptable Theories」(アックセプタブル・シオリーズ)をリリース。イタリア、プラートにあるVolta Studios(ヴォルタ・スタジオ)のSimone Fedi(シモン・フェンディ)によるマスタリング。

2019年、マルコとDino Storai(ディーノ・ストライ)はArsella Boyz(アルセラ・ボイズ)の14年ぶり新シングル「Ab Generation」(アブ・ジェネレーション)をプロデュース。

2019年、マルコは新シングル「Reykjavik Street Food」(レイキャビク・ストリート・フード)をリリース。


音楽・試聴表示・隠す



ショップ・音楽配信

写真集表示・隠す


Instagram

ビデオ表示・隠す



リンク等表示・隠す

公式ホームページ YouTube Instagram


ショップ・音楽配信表示・隠す
 Amazon Spotify  Deezer  kkbox  Google Play

戻る
一押し海外のアーティスト
President Street

試聴  ビデオ
President Street
プレジデント・ストリート
オーストラリア

ポップフュージョン

アーティスト・ページ
Chillbeat Dreamer

試聴  
Chillbeat Dreamer
チルビート・ドリーマー
フィンランド

ローファイ・ヒップホップダウンテンポラウンジ / チルアウトインストロメンタル

アーティスト・ページ
一押し日本のアーティスト
tricot

試聴  ビデオ
tricot
トリコ
日本

マスロックプログレッシブオルタナティブロック / ポップ

アーティスト・ページ
LOVEBITES

試聴  ビデオ
LOVEBITES
ラヴバイツ
日本

メタル

アーティスト・ページ
イベント・スポーツ観戦遠征特集 びゅう 東京スカイツリー(R)公認ライセンスグッズ勢ぞろい!
ENGLISH Copyright © 2008-2020 JICS MEDIA EMAIL