トップ・ミュージック・ジャパン - Top Music Japan - 世界中のアーティスト/バンド紹介と支援する音楽ガイド 世界中のバンド/アーティストの紹介や支援する総合ガイド
  ホーム » ヒップホップ / ラップ » Simon  
X
Simon Simon
Gruvis Malt

ジャンル: Nu-Jazz / ヒップホッププログレシッブロック
国: USA  


チェック


English
リリース情報 表示・隠す

2011年3月26日
音楽レビュー
by mossgreen


アルバム: Simon
アーティスト:
 Gruvis Malt


Sax.の存在感が渋いかっこよさを演出する、ジャズ色の濃いプログレッシブロック。穏やかに、しかし緊張感たっぷりに。
Vo.も独特で、語りかけるようなラップとハイトーンに歌い上げるスタイルが対比的でステーキ。

M1:Ark、M4:Safety Trainは特にプログレのかっこよさとジャズの渋さががっつりぶつかった風味で好き。

≪以上、2009年6月mixi日記より転載。以下追記≫
と言う訳で、アメリカはロードアイランド州出身のバンド、Gruvis Maltの3rdアルバムです。2004年作。
武器はやはり穏やかで渋いサックスと、緊張感のあるリズムの絡み。全体的にふわふわとした音の質感ながら、要所要所で怪しげに盛り上がる、黒魔術プログレの風味。

人力Jazzy-HIPHOPとでも言ってしまいたい#3「What Ladder?」を始めとして、ラップを絡ませたヴォーカル、プログレ〜ジャズ〜ロックを緩やかに渡っていく手腕がニクい。
オシャレ渋いリフが変拍子で彩られるアンニュイナンバー#4「Safety Train」、そして今作の音楽性を凝縮したような#1「Ark」。ニヒルでロックな盛り上がりを経て、するすると表情を変えて行く。

プログレのかっこよさとジャズの渋さががっつりぶつかった、穏やかな、しかし緊張感たっぷりな逸品。(使い回し)

【for fan of what ?】
King Crimsonを始めとした、ジャズを大胆に導入したプログレ好きに。
曲によっては、ジャズ感とウィスパーヴォーカルがとても優しく響く。The Reign Of Kindoのファンにも訴えてくるかも。
あと、黒さと言う意味では方向性は違うが、部分的にノルウェーのプログレジャズ集団Shiningを思わせる。

【曲リスト:】
01. Ark
02. A Great Work of Fiction
03. What Ladder?
04. Safety Train
05. The Fists of Protocol
06. Water Closet
07. Some Sweet Nothingness
08. B612
09. The Heart Transplant You Can Afford
10. Exit Strategy

二年越しに転載でレビュー乗っける、と言う訳で。8点付けてますけど、結構気に入ってるんです。


音楽レビュー・記事なら、mossgreenのブログCDのレビューとかがしたいです!(’A`)ノをご覧ください。



戻る
一押しのバンド/アーティスト一押しのバンド/アーティスト
Kingly T

試聴  ビデオ
Kingly T
キングリー・ティー
ジャマイカ

レゲエルーツ・レゲエワールド / 民族音楽

アーティスト・ページ
Rewind

試聴  ビデオ
Rewind
リワインド
ニュージーランド

ダンス / EDMエレクトロニカポップハウス

アーティスト・ページ
Chelsea Moreau

試聴  
Chelsea Moreau
チェルシー・モロー
アメリカ

ジャズラウンジ / チルアウトドラムンベースラテン

アーティスト・ページ
Lalo The Don

試聴  ビデオ
Lalo The Don
ラロ・ザ・ドン
アメリカ

ヒップホップ / ラップラテンダンスホールRnB / SOUL

アーティスト・ページ
温泉旅行特集 びゅう 東京スカイツリー(R)公認ライセンスグッズ勢ぞろい!
ENGLISH Copyright © 2008-2019 JICS MEDIA EMAIL