トップ・ミュージック・ジャパン - Top Music Japan - 世界中のアーティスト/バンド紹介と支援する音楽ガイド 今まで知らなかったバンド/アーティストを世界中から発掘
  ホーム » ワールド / 民族音楽 » Martin Mayer  
X
NAVI プロフィール 音楽・試聴 最新情報 写真集 ビデオ リンク・DL等 ショップ 連絡 ENGLISH
Martin Mayer Martin Mayer
マーティン・マイヤー

カナダ

イージーリスニング インストロメンタル コンテンポラリー・ジャズ ワールド / 民族音楽


チェック
前に戻る

プロフィール・バイオグラフィー 表示・隠す
これをGoogle翻訳機能で日本語へ訳す。

"Canada's Prince of Piano" – that's how the Beijing Times, China's leading English-language newspaper, described Canadian pianist and composer Martin Mayer.

His music has been defined as instrumental fusion – a combination of smooth jazz, classical, pop, and rock. Mayer's European roots add a good share of thoughtful and longing soul, his North American education contributes a healthy dose of high-octane energy. An explosive mix.

After Mayer realized musicianship was who he was, he would study at Royal Conservatory of Music, major in piano performance at Grant MacEwan University and win the Rachel McKeown Memorial Award for composition.

His recordings include Destinations (1998), Live In Concert (2000, nominated for "Outstanding Instrumental Album" at the Prairie Music Awards), This is Who I Am (2003, Nominated for "Outstanding Instrumental Album" at the WCMA Awards), the 2009 single The Orphan Boy, a year-long fundraiser for the Canadian Cancer Society, Alone (2010) and Unbreakable (2018).

A Chinese Arts Agency took Martin Mayer on a 16-city six-week long concert tour in mainland China in 2001. It would become the biggest tour of any artist in China's modern history, and all of his tour dates since then would be sold out. He entertained thousands in concert, and millions on Chinese TV. Mayer, invited by the Canadian government, has headlined the Canadian Music, Food & Wine Festival in Taiwan since its inception in 2003.

The “Outstanding Alumnus” winner at the Alberta Provincial Awards Celebrating Excellence was also featured by the Czech National Radio Orchestra in a live concert of his music, recorded and broadcast live from one of Prague’s most historic music venues.

Mayer's latest album, Unbreakable, scored 8/10 in a prominent music publication that scored Justin Timberlake's recent musical venture a mere 4/10 (Music Connection Magazine, March 2018).

Canada's National Post predicts that Martin Mayer is "poised to take over the world stage," while VOGUE of Taiwan opines that the pianist's "passion for music ... can only be described as breath-taking," and an A&R Factory Music Blog concludes: "Thankfully there are artists such as Martin Mayer to inject a bit of excitement and panache into the format of the pop-piano.”

 

--

 

「カナダのピアノの王子様」 - これは、中国の主要英字新聞北京時代が、カナダのピアニスト、作曲家、マーティン・メイヤーをどのように描いているかを示しています。

彼の音楽は、ジャズ、スムーズジャズ、クラシック、ポップ、ロックの組み合わせによるインストゥルメンタル・フュージョンと定義されています。メイヤーのヨーロッパのルーツは、思いやりと憧れの魂の良いシェアをもたらします。彼の北米教育は、高オクタン価エネルギーの健康的な貢献に貢献します。爆発的なミックス。

メイヤーが音楽家としての地位を築いた後、グラント・マクワン大学でピアノ演奏を専攻し、レイチェル・マッケウン記念賞を受賞したロイヤル・コンサバトリー・オブ・ミュージックで音楽を学ぶ。

彼の録音には、Destination(1998)、Live In Concert(2000年、Prairie Music Awardsで "Outstanding Instrumental Album"にノミネートされている)、This is Who Am(2003年、WCMA賞の "Outstanding Instrumental Album" 2009年シングルOrphan Boy、Canadian Cancer Society、Alone(2010)、Unbreakable(2018)の1年間の長期募金活動。

中国芸術庁は、2001年にマーティン・メイヤーを16週間にわたり中国本土で6週間にわたって開催し、中国の現代史における最大のツアーとなり、その後のツアー日はすべて完売する予定だった。彼はコンサートで数千人、中国テレビで何百万人も楽しんだ。カナダ政府が招待したメイヤー氏は、2003年の創立以来、台湾のカナダ音楽、食品&ワインフェスティバルを表彰しています。アルバータ州賞を授与した「優秀卒業生」優勝者は、チェコ国立ラジオオーケストラ彼の音楽のライブコンサートは、プラハで最も歴史のある音楽会場から録音して放送しています。

メイヤーの最新アルバムUnbreakableは、ジャスティン・ティンバーレイクの最近の音楽ベンチャーを4/10(Music Connection Magazine、2018年3月)と評価した著名な音楽出版物で8/10を記録しました。

カナダのナショナル・ポストは、マーティン・メイヤーが「世界のステージを乗り越える姿勢」であると予測しているが、台湾のVOGUEはピアニストの「音楽への情熱は息を呑むようにしか描けない」と語り、A&R Factory Music Blog 「ありがたいことに、マーティン・メイヤーのようなアーティストが、ポップ・ピアノのフォーマットに少しでも興奮と哀愁を吹き込む」


音楽・試聴表示・隠す


ニュース・最新情報・SNS表示・隠す



写真集表示・隠す

Instagram

ビデオ表示・隠す



リンク・ダウンロード等表示・隠す

公式ホームページ Facebook


ショップ表示・隠す
iTunes Amazon Spotify

コメントを書く

登録日: 2018/05/11 総計アクセス数: 21 今月のアクセス数: 21
前に戻る
ライブ/イベントのお知らせ
Austin Mahone Japan Tour 2018 Sam Smith Japan Tour 2018
KEVENS John Orr Franklin Band - 日本限定アルバム発売中
ENGLISH Copyright © 2008-2018 JICS MEDIA EMAIL